スポンサーサイト

  • 2015.07.17 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ドラマセラピー・ベーシックワークショップシリーズ第二弾!

    • 2014.10.01 Wednesday
    • 04:06
    きドラマセラピー・ベーシックワークショップ第二弾は、「感情コントロールにつながる距離の捉え方」!!

    ********************************************************
    「ドラマセラピー・ベーシック・ワークショップ(全3回)」
     
    ドラマセラピーって何だろう?
    どんなことをするの?
    ドラマセラピーについてちょっと知りたい方、何となく分かってきたけどもう一度振り返りたいという方。
    是非お待ちしています!
     

    ベーシック・ワークショップ第二弾「感情コントロールにつながる距離の捉え方」
     


    演劇の手法を使うドラマセラピーでは、
    時には安全な「役」という仮面を通して、
    日常から離れて感情を出すことも、抑えることも可能になります。
    人それぞれ、気持ち(感情)と考え(認知)のバランスは違いますが、
    自分から距離を作ることで、そのコントロールができるようになるのです。

    今回は、少し自分から距離のあるストーリー作りを中心としたワークを取り入れながら、
    どのようにワークショップやセラピーセッションを組み立てていくか、
    話していきたいと思います。
    自分自身にとっても、感情表現の方法を見つめなおせるきっかけになるかもしれません。
    是非、皆さまお待ちしています!

     
    ◆日時  10月19日(日)13時30分〜17時
    ◆場所  東京都杉並区内(お申し込み後にお知らせします)
    ◆講師  根岸理恵
    ◆参加費 4000円 (全3回参加の場合は3回で10,000円)
    ◆定員  20名(先着順)
     
    ◆お申込み 1.氏名  2.当日連絡先  3.参加の理由
     以上三点をinfo@jdti.org までお送りください。
     
    主催 ドラマセラピー・インスティテュート(JDTI) 
     

    ++++++++++++++++++++++++++
    にじドラマセラピーワークショップシリーズ2014

    機ゥ疋薀泪札薀圈次Ε戞璽轡奪ワークショップ 全三回
    9月21日(日)ベーシック第一弾「想像力を使った遊びの効果」
    10月19日(日)ベーシック第二弾「感情コントロールにつながる距離の捉え方」
    11月16日(日)ベーシック第三弾「ドラマセラピーを現実に生かす考え方」
     
    供ゥ疋薀泪札薀圈爾鬚發辰斑里蠅燭なへ
    2015年 1月10日(土)& 11日(日)2日間ワークショップ

    ※「ベーシック・ワークショップ」シリーズの参加費は、各回4000円です。
      全3回参加の場合は、3回で10,000円になります。
    ※「もっと知りたい人へ:2日間ワークショップ」参加費は、以下の通りです。
     一般申込20000円/早割申込18000円(12月10日迄)/
     ベーシックワークショップ参加者15000円(早割期間申込に限る)
     
    ◆詳細はJDTIブログ、ホームページ、FBに随時掲載いたします。ご確認ください。
     
    ホームページ http://jdti.org/
    ブログ http://dramatherapy.jugem.jp/
    フェースブック https://www.facebook.com/japandramatherapyinstitute

    ドラマセラピーワークショップシリーズ2014の第一弾!!

    • 2014.08.30 Saturday
    • 02:24

    にじドラマセラピーワークショップシリーズ2014がはじまります。

    機ゥ疋薀泪札薀圈次Ε戞璽轡奪ワークショップ 全三回
    9月21日(日)ベーシック第一弾「想像力を使った遊びの効果」
    10月19日(日)ベーシック第二弾「感情コントロールにつながる距離の捉え方」
    11月16日(日)ベーシック第三弾「ドラマセラピーを現実に生かす考え方」
     
    供ゥ疋薀泪札薀圈爾鬚發辰斑里蠅燭なへ
    2015年 1月10日(土)& 11日(日)2日間ワークショップ
    ※ベーシックシリーズ参加者には、参加費割引がございます。

    ☆詳細はJDTIブログ、ホームページ、FBなどで随時お知らせしていきます。
     


    きベーシック第一弾は、「想像力を使った遊びの効果」!!
    ********************************************************
    「ドラマセラピー・ベーシック・ワークショップ(全3回)」
     
    ドラマセラピーって何だろう?
    どんなことをするの?
    ドラマセラピーについてちょっと知りたい方、何となく分かってきたけどもう一度振り返りたいという方。
    是非お待ちしています!
     

    ベーシック・ワークショップ第一弾「想像力を使った遊びの効果」
     


    ドラマセラピーは演劇の手法を用いた心理療法です。
    演劇と聞くと、「演じるなんて無理」、「恥ずかしい」などと思われる方も多いようですが、
    「演じること」は、子どもの頃から私たちが自然に行っている、自分を成長させ、癒すための方法です。
    ドラマは、私たちが最初に覚えた芸術表現=遊びの世界そのものです。
    「遊びの世界」には私達が忘れかけていた宝物がいっぱいつまっています。
    今回のワークショップでは、参加者のみなさんの「遊び心」を目覚めさせ、
    その「想像力を使った遊び」がどんな風に私たちの心の健康に必要なのかを、体験的に学ぶ会にしたいと思います。
    ぜひ子どもの頃から持っていた智恵を発掘しに来てくださいね!
     
    ◆日時  9月21日(日)13時30分〜17時
    ◆場所  東京都杉並区内(お申し込み後にお知らせします)
    ◆講師  中野左知子
    ◆参加費 4000円 (全3回参加の場合は3回で10,000円)
    ◆定員  20名(先着順)
     
    ◆お申込み 1.氏名  2.当日連絡先  3.参加の理由
     以上三点をinfo@jdti.org までお送りください。
     
    主催 ドラマセラピー・インスティテュート(JDTI) 
     
    <今後の予定>
    10月19日(日)ベーシック第二弾「感情コントロールにつながる距離の捉え方」
    11月16日(日)ベーシック第三弾「ドラマセラピーを現実に生かす考え方」
    1月10日(土)&11日(日)ドラマセラピーをもっと知りたい人へ:2日間ワークショップ
     
    ※「ベーシック・ワークショップ」シリーズの参加費は、各回4000円です。
      全3回参加の場合は、3回で10,000円になります。
    ※「もっと知りたい人へ:2日間ワークショップ」参加費は、以下の通りです。
     一般申込20000円/早割申込18000円(12月10日迄)/
     ベーシックワークショップ参加者15000円(早割期間申込に限る)
     
    ◆詳細はJDTIブログ、ホームページ、FBに随時掲載いたします。ご確認ください。
     
    ホームページ http://jdti.org/
    ブログ http://dramatherapy.jugem.jp/
    フェースブック https://www.facebook.com/japandramatherapyinstitute
     

     

    ドラマセラピーフェスティバル2014〜Beyond〜お申込みがはじまりました!

    • 2014.06.07 Saturday
    • 01:10


    にじドラマセラピーフェスティバル2014〜Beyond〜、プログラムが決定しました!

    今年もわくわくするようなワークショップ、パフォーマンスが集いました。
    応募くださった皆さま、ありがとうございました!

    プログラムも決まり、参加申込が始まっています。
    早割でのお申込み受付は7月6日(日)までです。
    JDTIホームページからお早めにお申し込みください。


    7月21日、今年も多くのみなさんにお目にかかれること、楽しみにしております。

    きドラマセラピーフェスティバルは、
    ドラマという共通点を持つ人々の交流やネットワーク構築の場、
    ドラマを多面的に学ぶ機会となることを願い、
    2008年から開催されています。


    **************************

    ドラマセラピーフェスティバル2014〜Beyond〜


    ドラマの枠を超えて、自分の向こうに、悩みの先に・・・。
    Beyondという言葉は、その先にある、きらりと光る「何か」を予感させてくれます。
    「新たなる挑戦」をテーマに集った昨年から、私たちはどんな時間をすごしてきたのでしょう。
    私たちは昨年の枠を「超えて」いるでしょうか。
    ドラマセラピー・フェスティバルは、「お互いから学び合う」場でもあります。
    それは、自分自身や自分たちのワークのその先を見つめる助けになるはずです。
    今回のフェスティバルが、それぞれの「向こう」につながる、学び場となりますように!






    『ドラマセラピーフェスティバル2014〜Beyond〜』

    ■日時  2014年7月21日(月・祝)10:15〜19:45(受付開始10時)
    ■会場  芸能花伝舎
         (東京都新宿区西新宿6−12−30)
            ●東京メトロ丸ノ内線「西新宿」駅 【出口2】より徒歩約6分
            ●都営大江戸線「都庁前」駅 【A5】より徒歩約7分
            ●都営大江戸線「中野坂上駅」「西新宿五丁目」より徒歩約10分
            ●「新宿」駅 西口より 徒歩約15分

    ■参加費 早割申込〔7/6(日)まで〕1日7000円/学生5000円
         一般申込〔7/7(月)から〕1日8000円/学生6000円
      ※午前のみ4000円/午後のみ5000円/懇親会のみ1000円
    ■定員  60名(先着順)
    ■対象者 心理・医療・福祉・教育・コミュニティーその他の領域でドラマを活用している方、
         ドラマを取り入れたい、ドラマの多様性に興味のある方など。


    ■申込方法  JDTIホームページの申込フォームからお申し込みください。
           折り返し参加費振込先などをメールにてお知らせいたします。
           お申込後一週間たっても連絡がない場合は、info@jdti.orgまでお問い合わせください
           申込フォームはこちら

    ○お問合せ  JDTI事務局(info@jdti.org)



    <プログラム>
    10:00       受付&オープニング

    10:15-12:00   オープニングワークショップ
            【みずからとおのずから】〜通過儀礼で自分を旅する
              新海正彦(アウェアネスアート覚技KAKUGI主宰 ワークショップ/セミナー講師)

    12:00-13:00     休憩

    13:00-15:00   WS1
            初めの一歩:「先にある私」を意識し、見つめ、関わりあう
            根岸理恵(JDTIドラマセラピー・インスティテュート)
            WS2
            サイコドラマで自分の殻を破る
            石川淳子(ひだクリニック臨床心理士)

    15:15-17:15  WS3
             変化を受け止め乗り越えようとされる方々へ」のドラマワークショップ
             黒田志保(俳優・演劇コミュニケーションWSファシリテーター)
             WS4
             Be who you are!〜本当の自分らしく輝こう!〜
             呼吸・声・動きが融合したトーニングで、いまを喜びで生きる!
             ホーリー斎藤祐子(トーニングセラピスト)

    17:15-17:45    休憩

    17:45-19:45  ドラマフェスティバル 〜パフォーマンス&懇親会〜
              Performances by プレイバックシアター∞和音♪
                        ホーリー斎藤祐子


    ☆☆ワークショップの詳細は、こちらをご参照ください☆☆


    ☆主催 JDTIドラマセラピー・インスティテュート 
                ホームページ http://jdti.org/
                  ブログ      http://dramatherapy.jugem.jp/

                         Facebook          www.facebook.com/japandramatherapyinstitute

    ドラマセラピーフェスティバル2014 『Beyond』 ワークショップ講師募集!!

    • 2014.04.24 Thursday
    • 11:11

    ドラマセラピーフェスティバル2014『Beyond』の開催が決定しましたき


    ワークショップ講師およびパフォーマンス提供者を募集しています!!!

        開催日   2014年7月21日(月・祝) 芸能花伝舎(東京都新宿区)
         募集締切  2014年5月20日(火)
         ※詳細は下部の募集詳細をご覧ください。



    本年も7月21日に、ドラマセラピーフェスティバル2014を開催する運びとなりました。
    ドラマセラピーフェスティバルは、ドラマという共通点を持つ様々な分野の方々との交流やネットワーク構築の場、
    またドラマを多面的に学ぶ機会となることを願い、

    2008年から開催されています。

    今年のテーマは「Beyond」。

     ドラマという枠を超えて、悩みを超えて、自分超えて・・・。
    Beyondという言葉は、その先にある、きらりと光る「何か」を予感させてくれます。

    私たちが、このテーマを選んだのは、
    ドラマセラピーのその先にある何かを見つめ始めたからかもしれません。
    挑戦を繰り返しながら、自分の殻を破り、次のステップを模索しているのかもしれません。

    ドラマセラピー・フェスティバルは、「お互いから学び合う」ことも、目的としています。
    それは、自分たちのワークのその先を見つめる助けになるはずです。
    「新たなる挑戦」をテーマに集まった去年から、私たちは、どんな風に変化してきたのでしょう。
    私たちは去年の枠を「超えて」いるでしょうか。

    今回のフェスティバルが、それぞれの枠を超え、新しい学びとなり、
    日本におけるドラマセラピーやドラマワークの可能性を広げていく機会になれば幸いです。

    つきましては、このテーマでのワークショップ提供者、
    および懇親会時のパフォーマンス提供者を募集いたします。
    ドラマセラピーやドラマワークだけでなく、身体表現、アートやダンスなど、
    ドラマの枠を超えた(beyond!!)様々な取り組みやワークを、分かち合っていただきたいと思います。

    募集詳細の内容をご確認のうえ、
    日本ドラマセラピー研究所メールアドレス(dramatherapy@hotmail.co.jp)までご連絡ください。
     
    「ドラマセラピーフェスティバル」と銘打ってはおりますが、「ドラマを讃える」気持ちを共通項に、
    心理、福祉、医療、教育、コミュニティ、その他さまざまな分野で、
    ドラマ、身体表現、ダンスやクリエイティブアーツを活用されている方々や、
    そういったワークに興味をお持ちの方々に広くご参加いただき、
    それぞれのワークを紹介し合える場にしたいと思っております。

     
    多くの方からのご応募を心よりお待ちしております。
    皆様のご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
     
      

    ********************************
    ワークショップ講師&パフォーマンス提供者 募集詳細

    『ドラマセラピーフェスティバル2014 〜Beyond〜』
     
    日時 2014年7月21日(祝・月)10時〜20時(仮)
    会場 芸能花伝舎(東京都新宿区西新宿6丁目12−30)
     

    1.ワークショップ募集について
    心理、福祉、医療、教育、産業などの分野、また異文化理解、コミュニティワーク、劇創作などで実践されているドラマワーク、身体表現、クリエイティブアーツなどを、ワークショップ形式で紹介してくださる方を募集します。
    今年度は「Beyond」というテーマに関わる企画をお願いいたします。ワークショップは1コマ2時間、参加者は最大30名程を予定しております。応募される方は、ワークショップの内容を400字〜600字程度にまとめ、提供者の経歴と所属を添え、研究所メールアドレス(dramatherapy@hotmail.co.jp)までお申し込み下さい。
     
     

    2、パフォーマンス募集について
    懇親会の中で、パフォーマンスを提供してくださる方・団体を募集します。
    参加者との交流を含んだパフォーマンス、今回のテーマにあったパフォーマンスでの参加を原則としますが、形態や内容など、お気軽にご相談ください。応募される方・団体は、パフォーマンスの内容を
    400字程度にまとめ、責任者の経歴と所属、団体の場合その他参加メンバーの氏名を添え、研究所メールアドレス(dramatherapy@hotmail.co.jp)までお申し込みください。
     

    締切は、2014年5月20日(火)です。

    お問い合わせは日本ドラマセラピー研究所(dramatherapy@hotmail.co.jp)までお気軽にどうぞ。

    **********************************

     

    A.ボアール『被抑圧者の演劇』ワークショップを開催します!!

    • 2014.03.04 Tuesday
    • 08:42

    6月14日(土)、東京にて、
    『被抑圧者の演劇』ワークショップ

    「ボアール演劇の基礎を学ぶ〜私たちの中の抑圧者」を開催します
    き

    双葉

    早割申込は4月30日(水)まで!!!
     
    ***会場が変更になりました。ご注意ください***

    「被抑圧者の演劇」とは、ブラジルの演出家、政治活動家であり、
    ノーベル平和賞にもノミネートされた、アウグスト・ボアール(
    19312009)が生み出した
    「社会変革の道具としての演劇」であり、市民に密着した参加型演劇・教育の一形態です。


    ボアールはもともと、農民やその他労働階級者の社会的地位向上のために、
    彼らとともに、この「被抑圧者の演劇」を発展させました。
    今日では、紛争解決、法律制定、教育、町づくり、セラピーといった
    多岐にわたる目的達成のために、世界中で利用されています。

     
    このワークショップでは、「被抑圧者の演劇」指導を長年に渡り手がける
    ジョン・スコット氏をアメリカから迎え、基本のテクニックを紹介します。

    特に今回は、「あれはしてはいけない」「これはしてはいけない」という、
    私たちの頭の中に響く内面化された否定的な声と向かい合う、
    「頭の中の警官(
    The Cop in the Head)」といわれる手法を中心に学びます。


    「被抑圧者の演劇」は、単に解決を求めるのではなく、状況に対して疑問を持ち、
    その状況を分析し対策を探る、というプロセスを提供するものです。

     
    演劇関係者はもちろん、教育、行政、福祉、司法、地域づくりに携わる方、
    参加型ファシリテーションの手法を学びたい方などにおすすめです。


    演劇経験は必要ありません。
     
    2008年に開催され、大好評だったワークショップの再来です。
    ふるってご参加ください。

     
    430日までは、早割料金でご参加いただけます。
    どうぞお早めにお申し込みください!
     
    ************************************
    『被抑圧者の演劇』ワークショップ
    「ボアール演劇の基礎を学ぶ〜私たちの中の抑圧者」


      
    ○日時  2014614日(土)10時〜17
    ○参加費  早割12000円 ※430日(水)までの申し込み
         一般15000
    ○定   30

    ○ファシリテーター
    ジョン・スコット
    17 年以上に渡り「被抑圧者の演劇」を用いて、企業や学校を対象にワークショップ・トレーニングを行い、階級差別、人種差別、性差別、異文化間での誤解と偏見などの問題に取り組む。また、上記の問題をテーマにしたドキュメンタリーフィルムや舞台演劇の演出等にも携わる。その活動の場はアメリカだけでなく、南アフリカ・ヨハネスブルグでは、平和協調と抑圧開放を目的に、現地教育者と学生にワークショップを行っている。ワシントン州シアトルのアンティオーク大学卒業。California Institute of Integral Studies (CIIS)修士学ドラマセラピー修了。CIIS 博士課程在籍中。ロサンゼルス出身。
     
    大家久美
    早稲田大学演劇専修を卒業後、雑誌編集、英会話講師を経て、金沢大学へ入学。医学部作業療法学を専攻し、作業療法士となる。2002 年に渡米、CIIS 修士学課程にてドラマセラピーを学ぶ。サンフランシスコにある病院とアルツハイマー入所施設にて10年間、アクティビティ・セラピストとして勤務。ドラマ、音楽、ムーブメント、表現アーツを使ったグループセラピー、個人カウンセリングを実施する。現在は、認知症ケアのコンサルタントとして独立。また、夫ジョンのワークショップ・アシスタントを務める。CIIS 博士課程在籍中。石川県金沢市出身。
     
    ○会場  芸能花伝舎 1−1
        
    東京都新宿区西新宿6-12-30
          
    http://www.geidankyo.or.jp/12kaden/chizu/index.html
    !!!!!!!!!!!!会場が変更になりました。ご注意ください。!!!!!!!!!!!!


    <お申込み方法>
    〇疚勝↓当日連絡先、参加動機など
    以上3点を、下記メールまでお送りください。
    dramatherapy@hotmail.co.jp
    ※お申込後、一週間たっても受付受理の連絡がない場合は、メールが届いていない可能性があります。
     その際はお手数ですが再度ご連絡ください。
      
    主催  日本ドラマセラピー研究所(dramatherapy@hotmail.co.jp
           ホーム―ページ www.geocities.jp/jpdramatherapy/
           ブログ http://dramatherapy.jugem.jp/
           Facebook www.facebook.com/japandramatherapyinstitute
     
    ☆「被抑圧者の演劇」とは・・・
    ブラジルの演出家、政治活動家であり、ノーベル平和賞にもノミネートされた、アウグスト・ボアール(19312009)が生み出した「社会変革の道具としての演劇」であり、市民に密着した参加型演劇・教育の一形態です。ボアールはもともと、農民やその他労働階級者の社会的地位向上のために、彼らとともに、この「被抑圧者の演劇」を発展させました。今日では、紛争解決、法律制定、教育、町づくり、セラピーといった多岐にわたる目的達成のために、世界中で利用されています。
    ***************************************