スポンサーサイト

  • 2015.07.17 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    遊ぶチカラが癒しにつながる

    • 2013.10.28 Monday
    • 00:15
    こんにちは。日本ドラマセラピー研究所の中野左知子です。

    10月26日に行いました
    「ドラマセラピーをちょっと知りたい人に」第2弾の模様を
    ご報告します!!


    今回のテーマは「遊び」。
    遊ぶことで、私たちは想像力、創造性、自発性を育てることができます。
    遊びと言っても、
    受け身的なものではなく、
    子どもの頃に夢中になったように
    全身を使って能動的に他者と関わるような遊びです。
    こういう遊びには、私たちの強さを引き出す力があるのです。





    それを理解して頂くために、
    「発展的変容(Dvelopmental Transformations)」と呼ばれる手法をご紹介しました。
    これを説明するのは、ちょっと難しいのですが、
    簡単に言うと、
    自分の心に浮かび上がるイメージや気持ちなどをそのまま表現しながら、
    即興的にストーリーを展開させていく、というものです。
    誰かが言った何か、やった何かに対する、自分のその瞬間の自発的な反応をそのまま表現することで、
    みんなでシーンを作り上げていくのです。

    シーンはその場で生まれては、消え、流れていきますが、
    それは心の流れにただ沿っていくような感じです。

    参加者のみなさまの「遊ぶチカラ」のおかげで、
    様々なシーンが展開されていき、
    1時間の即興ドラマが出来上がりました。


    「咄嗟にする反応」や「選びがちな行動、役割」は
    自分のパターンを教えてくれるものです。
    特にこの手法では、頭でゆっくり考えることができない分、
    素の自分の行動パターンや、表現方法、
    そして感情などがでやすいのです。


    もしそこに「遊べない」要素、つまり
    苦手なシーンが出て来たら、
    どうやって遊べるようになるのか?を探ることもできます。
    そして、
    苦手なシーンが遊べるようになったとき、
    自分の問題や苦手なことを克服できた、という合図です。


    1時間があっという間に過ぎ、気持ちのいい疲れがあったことでしょう。
    まるで「心のジム」のようでした。

    参加者の方は、「そうそう、こんな心のジムがあったらいいのに〜」
    と言って頂けましたが、
    いつかドラマセラピーが、ヨガのように身近に取り入れてもらえるように
    なったらいいなあ、、、と思います。

    ご参加くださったみなさま、ありがとうございました!



    遊び方を知るものは、いかなる障害をも飛び越える。
    歌うことと笑うことを知るものは、いかなる困難にも挫けない。
    (エスキモーに残る格言)​







     

    スポンサーサイト

    • 2015.07.17 Friday
    • 00:15
    • 0
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM